アンバスケード2107年10月 -2章とてむず 青ソロ- #FF11

早速行ってまいりました。
本当はフレがログインするという宣言をしてたので、2人で行こうかと思ったのですが…

相変わらず、ぼっちでした(`・ω・´)

Lumber Jackならぬ、Luncer のJackさん。
カボチャ被った両手槍のタルタルさんです。
タルタルさんを叩くのは心苦しいですが、まぁしょうがないです。

1割削ったかな?くらいで骨3体が出てきます。
3~4割削ったかな?くらいで狼3体。
残り2~3割かな?くらいでおばけ3体。

まぁFFでおなじみの、ハロウィンイベントに使われるモンスターたちですね!
ちなみに、シープソングは入りましたので、これで寝かせつつ。

時折、Jackさんが2Hアビの音とともに「トリックオアトリート」をやってきます。
範囲内で受けると、テラーだったり、アムネジアだったり、静寂だったり?
そして、思いっきりヘイトは抜けます。なんかこれもアンバス定番ですねもう。

最初、食事し忘れたかと思って特上寿司をつかうと…直ぐ切れてるo(`ω´*)o

2Hアビの音がする直前に「食事の効果が切れた」→「トリックオアトリート」と出るので…食事消しの効果か、いやらしい!

と…嘆いてたら、食事をしている時にアムネジアだったりなんなりを受けてないことに気が付きましたv( ̄Д ̄)v

頻繁にやってくるので、ぶるじょあ(笑)じゃないσ(゜∀゜は、3国モグでお安いジンジャークッキー食いまくる作戦で行きます、はい。寿司食いまくりとか無理無理(お財布的に)。

とりあえず、島装備無し・AFも2まで、あとはアンバスHQ装備とかゴブ箱から出たウォンテッド装備だけのへっぽこ青魔道士でもなんとか とてむず クリアできましたよ!…っていう動画を上げておこうと思います(ノ∀`)

↓今回はYou Tubeに上げてみました↓
ちなみに、2回ほど失敗しました(´・ω・`)
その時はEVを盾にしたのですが、EVがダブルスラストかなんかでHP減ってるところにペンタスラスト1600食らって死にました…その次は、EVではすぐ剥がれてくるすきに、自分が通常攻撃+ペンタ1800食らって死にました…Σ(・ω・ノ)ノ

トリックオアトリート!でヘイトが抜けた後にタゲ取り返す能力はオーグストの方がいいようです。EVだと一度剥がれて剥がれっぱなし、になるところを、オーグストの挑発→それでだめでもフラッシュ、でだいたいタゲリ返してくれました。(装備バリバリのツヨ前衛さんならどのみち剥がれっぱなしレベル)

基本Jackさんが物理一辺倒なので、ペンタのダメージもEVより低かったと思います。

まぁこんな戦闘でも、誰かの何かの参考になることを祈ってやみません('ε')




[PR]

# by leaf-ms1 | 2017-10-12 19:00 | FF11(徒然日記)

「回復ドライブ」と「システム修復ディスク」と「システムイメージ」ってなんだっけ?

まー、なんかこの辺の用語がよくわかりませんよね。
多分、英語版Windowsの訳のまんまなんだと思います。最初のうちごっちゃになりますよね。

ぜろすさん風に、すごい大雑把に確認し直してみたいと思います。
(うーん、誰得なんだっていうどうでもいい記事Σ(・ω・ノ)ノ)


①システム修復ディスク

「予め作っておいた(←ここが重要)バックアップ用の色々なファイルを戻したり、かんたんな自動修復プログラムの入った”予備のwindows”を起動できるCD/DVD
一応”バックアップなしでも復旧できるかもね”のおまけつき!」

という認識でいいと思います。インストールDVD・USBメモリからも同じことができるのですが、そういったものが付属してない製品でも、あとからユーザーが自分で生成できる、といったところです。

”予め作っておいたバックアップ的なモノ”が存在しないと意味がありません。”バックアップ的なモノ”には2つあり、一つが完全なバックアップである「システムイメージ」、もう一つは稼働中のwindowsのファイル自体です。

②システムイメージ

「システムイメージを作った時点でのOSのフルバックアップ」です。自分で後から作成したドキュメントもバックアップに含めたりもできます。”バックアップと復元(windows7)”という、windows10の中に7がなぜ出て来るの?っていう項目から操作します。7時代からの機能ですよって意味らしいです。

「バックアップ的なモノ」のもう一つに、稼働中のwindowsのファイルがあります。こちはら予め作っておく必要はなく、言葉のまま稼働中のwindowsが元になります。

windowsは基本となるファイル自体を直接書き換え続けて動作しているということはなく、windowsアップデートなどを除いて基本的に弄られることなく、殆どが「ただ読み出されているだけ」の状態です。

不調になる原因は後から書き加えられた設定ファイルやドライバファイル、ユーザープロファイル、レジストリなどの改変や破損であるため、そこの初期状態を最初から別に残しておいて復旧に使い、残りの「windowsの大部分は再利用できるよね!」っていう発想です。(windows10の「このPCを初期状態に戻す」がこれ)


システムイメージはまるごとシステムのバックアップなので、正常なうちに作っておけば、ハードウェア以上がなければ、どんな場合でも問題を解決できます。対して「稼働中のwindowsのファイルの再利用」の方は、HDD・SSDに異常があって読み出せない場合や、ウィルスによって改変されたりしたらアウトです。復旧しても問題を抱えたままか、復旧自体に失敗してしまう可能性があります。これが「運よく復旧できたらいいよね!」という意味の「おまけつき」です。

一応、自分で作成したドキュメントなどは(設定すれば)残してくれはしますが、基本的に後者はうまく復旧する見込みが低くなります。ドライバファイルなどが入り交じった状態で再利用されるため、復旧中のwindowsに、不調の原因となるドライバが再利用されて、結局動かないってことがよく起きます。あと、なぜか復旧中に結局エラーを吐いて「戻せませんでした」という感じで中断・終了してしまう事もよくあります。

なので、基本的にはシステイメージを作ってそこから復旧するものだと思ったほうが良さそうです。

システムイメージは、お好み焼きを冷凍保存しておくようなもの。
チン!すれば、作ったあとの完成品のお好み焼きが復元できます。(復元できる味や質は作った時点のお好み焼きの出来によるが、お好み焼きそのものは戻ってくる。)

方や、稼働中のwindowsを利用した復元「このPCを初期状態に戻す」は、現在お店にあるお好み焼き粉や卵や肉を使ってお好み焼きを作り直すようなものです。材料そのものが汚染されたり、すでに足りなかった場合はお好み焼きを再現できなくなります。

③回復ディスク

システム修復ディスクのUSBメモリ版です。
windows8くらいから、タブレットで稼働させることを想定していましたので、外付けDVDドライブも使わずにUSBメモリから起動できるようにしただけです。

以上、かなりいい加減な解説でした(´・ω・`)
間違ってたらごめんね。


[PR]

# by leaf-ms1 | 2017-10-05 21:27 | xellossのPC話し

スティックPCのWi-Fi・Bluetoothの干渉問題について

うーむ。

色々設定して、メインPCとフォルダ共有。
そして、メインPCで録画したTSをいったんeMMCのドライブにコピーして、試しにスティックPCで再生した所…

フルHDのTSファイルで、CPU使用率30%くらいで再生できてるヽ(´ー`)ノ
(DXVAの再生支援を使用)

が。

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆

が、直接ネットワークフォルダからTSファイルを再生すると、ブチブチ音が切れて再生もコマ送り状態。

だめですよ奥さん、これでは。
内蔵eMMCは32G(1024での計算やら、回復パーティションやらで実質27Gくらいしか使えない)しかないし、要はSSDですからあまり意味もなく書き込みをしたくもありません。書き込み速度はHDDの半分もない(40MB/s程度)ので、いちいちコピーも面倒だし。

ローカルからだと再生できるのに、ネットワークドライブからだとブチブチするってことは、Wi-Fiが問題なのかな?というアタリをまず付けます。

試しにBUFFALOのWLI-U2-G54HPという、11gとbしか対応していないけど超ハイパワーな子機を用意して再試。
b0067666_22360065.jpg

やっぱりだめ(´・ω・`)
でもちょっと良くなった?

とりあえず一息入れようと、アパートの前の自販機にうっかりBluetoothイヤホンを付けたまま出て、接続が切れてしまったところ…

再生が改善してる!!
まだブチブチだけどU>ω<)

これが世にいうWi-FiとBluetoothの干渉というやつか!

許すまじ2.4GHz。

IP電話でコードレスのイエデン代わりにしてるスマホが2.4にしか対応してないのと、手持ちのWiMAXのルーターが2.4GHzか5GHzは排他で、同時に受け持てないため、5GHzで回避するという手は使えず。

BluetoothもWi-Fiも2.4GHzで干渉。(5GHzにすると、距離と遮蔽物に弱くなりますしね。)

スティックPCやタブレットでは、物理的に内蔵Wi-FiとBluetooth送信機が近い…というかほぼ一緒になってますので、干渉しまくりなのはどうも有名なようです。


そこで、さっきのハイパワー子機をスティックPCから物理的に離していきます。

するとどうでしょう…改善はするものの、やっぱりブチブチします。不思議なのは、うっかり接続が切れてしまったときも、改善はしたものの、再生のブチブチ途切れ(単に送信が悪くて音が途切れるのではなく、再生自体が処理落ちのようにブチブチ切れる)が無くなりはしなかったこと。

とりあえず、もっと距離を取りたくて、BluetoothアダプタをUSB延長ケーブルの先に取り付け、ハイパワーWi-Fi子機と真反対においてみます。

ブチブチよ、さようならζ*'ヮ')ζ

ハイパワーなWi-Fi子機は3W弱も電力を消費するため、できれば使いたくないので、スティックPCから距離を取ったBluetoothアダプタ+内蔵Wi-Fiの組み合わせを試します。

なんだ、これでもブチブチしないζ*'ヮ')ζ

さらに、ブルートゥースアダプタを本体直近のUSBハブに挿してみた所。

結局ブチブチしないの(ry

つまり、犯人は内蔵Bluetooth。
理由は定かじゃないです。あくまで推測ですが、Wi-FiもBluetoothもRealtek製になっていましたので、もしかするとワンチップ化されてるのかな?くらいの状態なんだと思います。

そして同じバスにぶら下がってるとか。USBはまた別なCPU(チップセット)に近いバスかなんかにぶら下がってるのではないでしょうか?干渉もありつつ、互いにデータ転送の足を引っ張り合ってたのかな?そんな印象です。(あくまでideacentreStick300の場合。)

結局、内蔵Wi-Fi+後付Bluetoothアダプタで無事に再生できましたので、ヨドバシにて新しいアダプタを買ってきました。

b0067666_23001549.jpg
下の2170円は加湿空気清浄機の新しいフィルタです。気にしないでください(´・ω・`)
たしか1300円位。ポイント使ったのでハッキリとした値段忘れたじぇ

いままでCSR社製のスタック搭載のサンワサプライのをメインPCで使っており、今回の実験で拝借したものがそうだったのですが、なんだかPCの処理が立て込んだりすると急に「接続は維持されているが音の出ない状態」になってしまうんです。

切断→再ペアリングしようにも、つながってると見せかけて切れてる謎の状態になってBluetoothイヤホンが反応しませんので、イヤホンの電源を落とす→入れ直す、という無駄な操作に苛ついてました。

なので、今回はメイン用にスタックの違うものを購入!
単に表のメーカーを適当に変えてもダメです。apt-x対応の為に結局中身がCSR社の製品が多いので。

このIODATAのUSB-BT 40LEはBroadcom製のスタックです。本当は東芝製スタックの製品のものが欲しかった気がするのですが、単品で見つけられなかったのでこれにしました。
b0067666_23143295.png

昔、100Mbps時代のカニさんチップ(Realtek)が不安定で、PCIにBroadcom製のNICを挿してましたんで、今回もまたカニさんの置き換えにBroadcomです。

これでBluetoothイヤホンの謎切断が減るといいな~
って、話の趣旨変わっとるやないかーい( ・ั﹏・ั)

[PR]

# by leaf-ms1 | 2017-10-03 23:19 | xellossのPC話し(中古パーツ)

スティックPCを買いました(´・ω・`)

b0067666_18093973.jpg
ででーん!

ドスパラで中古品として、税込み6500円位で買いました(゜-゜)
「ideacentre stick 300」で、2015年の製品ですが…

現行でも一番下のクラスのスティックPCとスペックは大して変化していません。
ドスパラではまだ現行で↓こんなスティックPCが税込み9800円↓で売っています。
OSWindows 10 Home 32bit のインストール
CPUインテル Atom Z3735F (クアッドコア/定格1.33GHz/キャッシュ2MB)
グラフィックインテル HDグラフィックス(CPU内蔵)
メモリ2GB DDR3L
ハードディスク32GB eMMC
↑はファンレスで、無対策では長時間HD画質のストリーミング再生などに放熱が追いつかず、安全機構が働いてクロックがだだ下がり(最低の500MHzにへばり付くらしい)になるようなので、購入に二の足を踏んでいました。


今回買ったideacentreは
OSWindows 8.1 with Bing 32bit
CPUインテル Atom Z3735F (クアッドコア/定格1.33GHz/キャッシュ2MB)
グラフィックインテル HDグラフィックス(CPU内蔵)
メモリ2GB DDR3L
ハードディスク32GB eMMC

つまり、OSが違います。その分中古で安かったわけです。両者ともに中身はほぼ一時期はやった8.1の激安タブレットですね。ブラウジング・HD動画再生あたりなら普通にこなせるレベルです。

なぜ現行のOS搭載機を買わなかったかというと…win10 Homeのライセンスが用意できる(「このスティックPCが無償アップデートできる」という意味ではなく私がライセンスを持っているという意味)ので、自分でアップデートして、中古で費用をうかそうという計画です。

また、元々が2万弱のPCで、ちゃんとファンが付いております…

ここが今回、わざわざ中古で買ったポイントです。温度によって可変で、冷えてる時は停止しています。OSの電源オプションから、ファンの強弱を一応設定できるそうです。

以降何回かに渡ってwin10へアップデートする手順やらなにやらをレポートする予定です。お楽しみに!(誰も待ってないって!)

[PR]

# by leaf-ms1 | 2017-10-02 20:32 | xellossのPC話し(中古パーツ)

windows10とiTunesと管理者権限のお話 (iTunesにドラッグ・アンド・ドロップが出来ない!)

最近のwindows版iTunes、特にwindows10にインストールしたiTunesにエクスプローラーからドラッグ・アンド・ドロップで曲を追加できなくなってしまっていました。

現象としては
b0067666_21564560.png
ここに、ファイルをD&Dしようとすると駐車禁止マークのようになってファイルを受け付けなくなってしまいました。



以前お話した↑の記事での問題と全く同じです。
なぜかiTunesが管理者権限で実行されているのです。
エクスプローラーは管理者権限では動いていません。

このズレがアプリケーション同士の意思疎通を不能にしてしまいます(´・ω・`)

確認してみましょう。
タスクマネージャを開いて…
b0067666_22150011.png
「管理者特権」が、エクスプローラーでは「いいえ」、iTunesでは「はい」になってしまっています。

ド素人の自分にはよくわかりませんが、とにかく管理者特権が食い違うとアプリの連携に支障が出るということだけは過去の経験からわかっていますので、iTunesを通常ユーザーで実行すれば解決するだろうと思います。

方法は右クリックからの「別なユーザーとして実行する」で、現在ログインしているユーザー名で実行する方法と、右クリックから「互換性のトラブルシューティング」を実行することでしょうか。(バッチファイルにてrunasコマンドで通常ユーザーとして起動するのはめんどくちゃい(´д`))

iTunesの右クリックから「互換性のトラブルシューティング」を実行した所、「windows8」モードになってしまいましたが、10の親戚(?)のようなものなので気にしないでおきます。肝心なユーザーは「標準ユーザーとして実行」という判定になりました。

これでエクスプローラーもiTunesも同じ権限のユーザーになって、D&Dを受け付けてくれるようになりましたとさ。めでたし、めでたし。


---------------------------------
タスクマネージャーで管理者特権を表示する方法

  1. タスクマネージャーを開き、「詳細」タブを選択します。
    (タスクマネージャは、タスクバーの空いているところを右クリックや、ctrl+shift+ESCキー同時押しで表示できます)
  2. 名前 PIDなど書かれた場所を右クリックし、「列の選択」を選択します。
    b0067666_22160441.png
  3. 「管理者特権」をチェックすると表示されるようになります。
    b0067666_22164012.png


[PR]

# by leaf-ms1 | 2017-09-27 22:23 | xellossのPC話し